ヒラスズキ(セイゴ)の料理 刺身、炙り、味噌汁、etc. – 愛しのFishing

愛しのFishing

魚釣り情報サイト:釣行記、釣り場紹介、道具紹介

料理

ヒラスズキ(セイゴ)の料理 刺身、炙り、味噌汁、etc.

投稿日:2018年6月10日 更新日:

南紀でヒラセイゴ
写真:文里港でヒラセイゴ

 

和歌山県 南紀エリアでは夜の漁港で
ヒラスズキが釣れることがあります

セイゴ サイズですが、
シーバスの中でも磯の王様と言われる
ヒラスズキなので、とても貴重です
(ヒラセイゴ)

いろいろと料理して食べてみました

 

刺身

ヒラセイゴの刺身

臭みも無く、
白身で淡泊な感じなので、
食べやすかったです

 

炙り

ヒラセイゴの炙り

皮の方をバーナーで炙って、
食べてみたら、おいしかったです。

ポン酢+醤油があいます。

皮付きなので、
刺身より料理が楽なのもgood

バーナーは炙りの達人を使用
(SOTO フィールドチャッカー)

 

 

なめろう

なめろうご飯

身を味噌と一緒に叩けば
なめろう の出来上がり

ご飯の上にのせて、
お湯をかけて食べるのが好みです

 

バター焼き

ヒラセイゴのバター焼き

塩、コショウを振ってからの
バター焼きは鉄板でした!

 

味噌汁

ヒラセイゴの味噌汁

アラや刺身でとった皮を
味噌汁にしてみました。

具材は
市販のワカメスープ(しじみ)も
入れたのですが、

絶品の味噌汁になってしまいました

 

 

骨センベイ

ヒラセイゴの骨せんべい

しっかり揚げたので、
骨をバリバリ食べれました

塩で味つけしたのですが、
おいしかったです

 







-料理
-, , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

関連記事はありませんでした