白浜地磯でアオリイカ 『12月』 – 愛しのFishing

愛しのFishing

魚釣り情報サイト:釣行記、釣り場紹介、道具紹介

和歌山釣行記

白浜地磯でアオリイカ 『12月』

投稿日:

12月15日(土) 田辺 小潮
干潮:4時23分
月輝面:46.5%
日出:6時55分

金曜日の夜
アオリイカを求めて白浜へGo~

 

白浜地磯 実績あり

深夜、山道を降りて磯場に到着

先行者はゼロ・・・

思った以上に月明りが無く真っ暗

意味の分からない物音が気になる・・・

時折、視線を感じ振り返るが誰もいない

幽霊に背中を押されて海に落とされたら
死ぬ! との考えが頭をよぎる・・・

磯場での海難事故は幽霊の仕業!?
との考えが頭をよぎる・・・

時計を見ると2時ジャスト

丑三つ時には幽霊が出やすい
と聞いたことがある・・・

撤退だ!
(実釣時間:約20分)

他に釣り人がいたら大丈夫なのですが
1人だと怖くて無理なようです(涙)

車の中で待機してると
車が1台入ってきた・・・

釣り人か?

車の外に出たようなので
ヘッドライトを点けて近づいてみると
カップルでした(涙)

ベンチに座って星を眺めてる様子

女性の方が
僕の方をガン見している・・・

僕:釣り人では無いですよね?

女性:はい・・・

僕:夜の磯場で釣りをしてたんですが
  怖すぎて撤退してきました
  釣り人なら便乗させてもらおうかと
  思って・・・スミマセン

カップル:爆笑

車へ戻り釣り人を待つことに・・・

しばらく待っていると
停まってあった車から人が出てきて
トランクを開けている・・・

話かけてみるとエギンガーでした

事情を説明し
一緒に釣りをして頂くことに

先ほどの磯場へ行き釣り開始~

期待と裏腹にアオリイカの反応はなし

同行してくれた方々も釣れてない様子

朝マズメは実績のない磯でやりたかった
ので感謝の言葉を述べて移動

白浜地磯 実績無し

5時30分頃に磯へ入る

まだ暗い・・・

段々と明るくなっていく時間帯が近いの
で1人でもギリギリ釣りが出来る

怖い思いと戦いながら釣り開始~

扇状に探る・・・

ボトム付近をスローに・・・

シャクリを入れてロッドをさびいてると
重みが掛かる・・・

潮の流れによる重みか?
と思ってたら

グイーン


アオリイカ 300g前後
6時9分(上げ3分)
3.5号ラトル キューカンバー

いてるや~ん(笑)

同じとこを通すも無反応

連発はなしかぁ~

今度はやや浅いエリアの
ボトム付近でグイーン


アオリイカ 200g前後
6時52分(上げ4分)
EZ-Q CAST3.5号 MP

サイズダウンだが2杯目~

沖の方ではナブラっぽいのが・・・
(200m沖ぐらいかな)

一応、メタルジグを数投するも無反応
(全然届いてない)

ワームも投げてみるが無反応

最後に海水温測定

スミス 水温計

約18.5度でした
(外気温で表示がすぐに下がる)

喫茶店で朝食を食べ
車の中で仮眠して帰宅~

今日の教訓
 昼の釣り、釣り人同士の場所取り争い
 夜の釣り、幽霊との戦い

でゎでゎ







-和歌山釣行記
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です